退職代行サービスの金額相場・運営業者の違い!厳選おすすめ解説

PR
退職代行サービス?調べてわかった判断基準は
この記事は約6分で読めます。

話題の退職代行!
退職代行サービスってどうなのか?調べたみて、わかってきたことがありました。

結論、求める退職方法によって選ぶべき退職代行業者の種類が変わります!

現在たくさん事業者が増えており、なかなか違いを見極めることが難しく選びにくい状況が発生しています。
いざという時に困らないよう金額やサービス内容、無料相談の有無などを中心に選定に不可欠な情報まとめます。この記事にはPRを含みます。

ちなみに退職代行サービスは、正社員以外にもアルバイト、パート、派遣社員の他に内定辞退も対応できるようです。

PR

PR
PR

PR
PR

退職代行とは?

退職代行サービスの略称

退職手続きを第三者に委託するサービスです。

主に一般法人法律事務所労働組合が運営することが多いです。

一般法人

株式会社/合同会社などがこちらに該当するケースが高いです。

低価格がメリットです。ただし会社との交渉には向かないため、24時間対応など利用者へのサービスで差別化を図っている。

主に代わりに連絡を入れてくれるというサービスですね。

法律事務所(弁護士)

弁護士法人/法律事務所などがこちらに該当するケースが高いです。

弁護士の退職代行では、退職時の会社との交渉ができます。また裁判の代理人になることも可能になります。近年では、弁護士以外にも司法書士、社労士なども退職代行サービスを始めているようです。

労働組合

労働/組合などがこちらに該当するケースが高いです。

一般法人の低価格さ、法律事務所の交渉力の中間を取ったようなイメージの分類で、数としても近年伸びている分類です。偽装労働組合も存在するようなので注意が必要です。

退職代行の始まり

退職代行の前身である電話代行の時代がありました。その後退職代行が始まり、個人が利用する退職代行サービスの起源は、2000年代後半から2010年代初頭にかけてさかのぼります。これは、労働市場の柔軟性が高まり、個人が異なるキャリアパスやライフスタイルに合わせて転職や退職を考えるようになったこと、また、デジタル技術の発展により情報が容易にアクセスできるようになったことが影響しています。

2010年代中頃以降、個人が利用する退職代行サービスの需要がさらに増加しました。これは、個人のキャリア管理意識の高まりや、デジタルプラットフォームを介したサービス提供の普及などが要因として挙げられます。

近年では、退職時のストレスの緩和や手続きの効率化などの理由により更に需要が増加傾向にあります。

退職代行サービスの利用 上位理由

  • 過度な引き止めがあり退職できない、退職しづらい
  • 体調を崩している(精神的な不調も含む)
  • 退職を言い出せない(パワハラ等も含む)
  • 人手不足で辞められない(仲間意識が高いと辞めづらいですね)
  • すぐに退職したい(自分では結構難しかったりします)
  • 確実な時期に退職したい(正しい知識で交渉に望む心の負担がありますね)
  • 直接手続きしたくない(案外多いですよね)

これらの理由に対応するため、正しい知識を身につけることに労力をかけるよりも、確実かつスピーディー退職に進める点はかなり効果的なのでしょう。

退職代行サービスのサービス内容

基本サービス

退職意思の伝達と円滑な退職手続き、即日退職

その他サービスのピックアップ

  • 低価格、分割払い
  • クレジットカード対応
  • 後払いサービス
  • 24時間対応
  • 無料カウンセリング
  • 有給消化サポート
  • 転職サポート、キャリアサポート
  • 失業給付金サポート
  • 私物の引取サービス
  • 全額返金保証
  • 2回目以降割引サービス

退職だけでなく、その後のサポートもある代行業者も存在するんですね。

退職代行選び方

下記の辺りが選ぶ際に気になるポイントになります

料金相場の金額

運営費用相場多い価格帯
一般法人10,000円〜50,000円25,000円〜29,000円
法律事務所(弁護士)50,000円~100,000円
労働組合25,000円~30,000円

サービス内容

シンプルに即日退職だけなのか

退職日交渉や有給消化や報酬支払い等の交渉が必要なのか

この2つが選択の大きな分かれ道と思います。

運営サービス内容選定基準
一般法人・勤め先への通知
・即日退職
シンプルな即日退職向け
法律事務所(弁護士) ・勤め先への通知
・即日退職
・有給の取得交渉
・未払い賃金の支払い交渉
・退職日の交渉
手続きに重きを置いた退職向け
会社との交渉が発生する場合向け
労働組合・勤め先への通知
・即日退職
・有給の取得交渉
・未払い賃金の支払い交渉
・退職日の交渉
シンプルな即日退職向け
会社との軽微な交渉が発生する場合向け

厳選したフィルター済み退職代行を紹介

筆者的には最後の代行業者がおすすめです。

一般法人

即ヤメ
(特徴:完全後払い、スピード24時間即日対応、最短10分)

Webでかんたん退職代行【退職代行の窓口】
(特徴:最大24回分割払い可能、1年間のアフターサポート、転職支援、失業保険手続き支援)
LINEで受け取れる割引クーポンキャンペーン実施中

【ABAYO】
(特徴:格安、相談無料、返金保証)

退職代行トリケシ
(特徴:LINE、返金保証、アフターフォロー、無料相談)

退職代行Jobs
(特徴:24時間相談、LINE相談、現金後払い、アフターフォロー、顧問弁護士監修、労働組合と連携)

法律事務所(弁護士)

弁護士法人ガイアの退職代行サービス
(特徴:24時間相談、有給休暇消化、給料・未払い残業代・退職金の請求、傷病手当サポート)

【弁護士ビーノ】

(特徴:LINE相談)

【RITRY_リトライ】 ※ 行政書士事務所
(特徴:全国対応、LINE相談)

労働組合

【男の退職代行】
(特徴:日本退職代行協会の「特級認定」取得、全額返金保証、転職サポート、実績5万件以上)

退職代行ガーディアン
(特徴:LINE相談、アフターサポート、全国対応)
東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合

【CLEAR(クリア)】
(特徴:とにかく格安、就業規則や契約で「〇ヵ月前に申告」と定められていても大丈夫対応)
東京都労働委員会認証の法適合の労働組合
筆者なら、ここかなと思いました。

まとめ

調べたところによると、一律料金が多いですね。

どこも料金についてさほど変わらないという印象です。受けたいサービスによって選択するのが良いと思いました。また一定数ですが、弁護士法人や労働組合を謳う一般法人も確かに存在しました。

ここまでお読みいただきありがとうございます。退職は、未来を変える重大な決断の最初の第一関門と思います。退職しても継続しても、その気持ちはとても良いものだと思います

どうか未来が明るく良いものでありますように、お祈り申し上げます。

寄付の依頼

もし、少しでもご参考になりましたらサイト運営への寄付をお願いします。
とても励みになります。

If you would like to help, please make a donation to the site management.
It is very encouraging.

BTC (ビットコイン) アドレス
35AfkHtN3paTC1iNVtHg6BDmCnHmffzQWM
DEEPコイン アドレス
0x43Dbe7F99b4A31bF184b98A8A814ADEC48FB789D
PR
PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました