【Ruby on Rails】find_or_create_byとfind_or_initialize_byの違い?

PR
【Ruby on Rails】find_or_create_byとfind_or_initialize_byの違い?
この記事は約4分で読めます。

もう存在確認の分岐は不要

Ruby on RailsActive Recordでデータを扱う際には、効率的な方法でデータを検索、作成、初期化するためのメソッドがいくつか提供されています。
この記事では、その中でも特によく使われるfind_or_create_byとfind_or_initialize_byの違いを詳しく解説します。
これらのメソッドを適切に使い分けることで、簡潔なソースコードやアプリケーションのパフォーマンスを向上させることが可能です。

PR

PR
PR

PR
PR

この記事の端的な説明

find_or_create_by:保存される

find_or_initialize_by:保存されない

find_or_create_byの意味と使い方

意味

find_or_create_byメソッドは、指定された属性でデータベースを検索し、該当するレコードが存在すればそのレコードを返し、存在しない場合は新たにレコードを作成して保存します

使い方

# 名前が"John Doe"のユーザが存在するか検索し、存在しなければ新しく作成して保存する。
user = User.find_or_create_by(name: "John Doe")

ユースケース

新規ユーザ登録で、同じ名前のユーザが既に存在しないかをチェックし、存在しない場合のみ新規に作成したい場合などに使用します。

find_or_initialize_byの意味と使い方

意味

find_or_initialize_byは、find_or_create_byと似ていますが、新しいレコードをデータベースに保存する代わりに、メモリ上でのみ初期化します。保存は行われません。

使い方

# 名前が"Jane Doe"のユーザを検索し、存在しなければ新しく初期化する(ただし保存はしない)。
user = User.find_or_initialize_by(name: "Jane Doe")
user.email = "jane@example.com"
user.save # 明示的に保存する必要がある。

ユースケース

ユーザーから入力されたデータを元に新しいレコードを作る前に、追加のデータをセットしたり、特定の条件でのみ保存を行いたい場合に利用します。

find_or_create_byとfind_or_initialize_byの使い分け

  • find_or_create_byは、即座にデータを保存する必要がある場合に適しています。
  • find_or_initialize_byは、レコードに対して何らかの処理を加えた後、条件に応じて保存を判断したい場合に役立ちます。

PR

まとめ

find_or_create_byfind_or_initialize_byは、どちらも有用なメソッドですが、その動作の違いを理解し、アプリケーションの要件に応じて適切に選択することが重要です。この知識を活用して、Railsアプリケーションのデータ処理をより効率的に行いましょう。

寄付の依頼

もし、少しでもご参考になりましたらサイト運営への寄付をお願いします。
とても励みになります。

If you would like to help, please make a donation to the site management.
It is very encouraging.

BTC (ビットコイン) アドレス
35AfkHtN3paTC1iNVtHg6BDmCnHmffzQWM
DEEPコイン アドレス
0x43Dbe7F99b4A31bF184b98A8A814ADEC48FB789D
PR
PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました