VSCodeで始めるCopilotの使い方!効率的なシステム開発ガイド

PR
VSCodeでCopilotを使いこなす
この記事は約5分で読めます。
PR

PR
PR

PR
PR

Copilot(コパイロット)を一言でいうと?

システムエンジニアにとっての「強力なペアプロ相手」になってくれます!有料!!でも無料で試せる!

Copilotとは?

Copilot(読み方:コパイロット)は、GitHubが2022年に正式リリースした「GitHub Copilot」、AIを使ったペアプロ(ペアプログラミング)ができる開発支援AIツールです。

GitHub上の大量のオープンソースコードから学習したAIがソースコードの自動補完や予測自動生成などの機能で開発者をサポートしてくれます。開発者はCopilotを使うことで、より迅速かつ効率的にコードを書くことができ、開発者にとって強力なパートナーとなるでしょう。

チェックポイント補足1:コパイロットとは、副操縦士(機長の補佐)という意味があります。この場合の機長はあなたなので全て任せというよりは、協力して作ろうね!ということだと思います。

チェックポイント補足2:ペアプロとは、通常2人以上の開発者が協力してコードを作成する方法です。1人がコードを書きながらもう1人がサポートし、品質向上や知識共有を促進します。日本でよくある後輩が書いて先輩が指導ということはなく、役割を交代し効率的な問題解決を目指します。

Copilotの利用料金形態

個人アカウントでの料金は、こちらのGitHub公式サイトに書かれています。

  • 有料サブスク
    • 一部無料で使える
      • 学生
      • 教師
      • GitHubのオープンソースリポジトリの保守担当者
  • 月払い、年払いが可能
    • 月払い:1か月10ドル(現在の為替レートで1380円くらい)
    • 年払い:1年100ドル
  • お試し期間60日が一回使える
    • お試し後は、自動課金
    • お試し期間中にキャンセルしても60 日間の期間が終了するまで利用可能

Copilotでできること

  • コード補完
    • コードの入力を補完し、自動的に予測やサンプルコードを提案できる
  • コード生成
    • 要件に基づいて新しいコードを生成し、関数やクラスの作成をサポートできる
  • コード修正
    • コードの修正やリファクタリングをサポートできる
  • コードの理解
    • プロジェクト全体のコンテキストを理解し、関連するドキュメントを提供できる
  • 豊富な利用言語をサポート
    • いろいろなプログラミング言語に対応してるので、PythonやJavaScriptなどの主要な言語で利用できる

Copilotの設定とインストール

さっそくGitHubの設定とVisual Stadio Code(VSCode)へのインストールしてみましょう!

チェックポイントGitHubとVSCodeが???の方は「プログラミング入門!必須ツールから始める効率的な開発」のページで紹介しているので参照してみてください!

GitHub Copilotの設定

  • 公式サイトにアクセスします。
    チェックポイント英語ページですが、Chromeブラウザの翻訳を使えばなんとなくわかります。
    GitHubCopilotSite
  • 「Start my free trial(無料トライアルを開始する)」クリック
    • GitHubアカウントでログイン
      チェックポイントアカウントがない場合は、そのまま作成する

Visual Stadio Code(VSCode)へのインストール

下記の画面を参照

  • 左のメニューから赤枠のボタンをクリック
  • 検索ボックスに「copilot」と入力
  • GiHub Colilotのインストールボタンをクリック
    CopilotInstall
  • VSCodeからGitHubへのサインインが求めれれるので許可する
    VSCode GitHub サインインもし出てこなかった場合、VSCodeを再読み込みか再起動すると表示されます

ここまで来たら設定とインストール完了

グルテンフリー!しっとりお芋のマリアージュ

Copilotの使い方と書き方

基本操作

  • 提案内容が良ければ反映
    • 「tab」
  • 提案内容が悪ければ無視
    • 「esc」
  • 次の提案を見る
    • 「Alt」+「]」
  • 以前の提案に戻る
    • 「Alt」t+「[」
  • 提案の全表示
    • 提案中に「Ctrl」+「Enter」

提案の出し方

  • 処理内容が予想できる明確なメソッド名にして途中まで書く
    • 書き進めて途中で提案を受け入れるのもあり
  • コメントを書くと提案される
    • 2〜3行で終わる簡単な処理なら処理内容だけで十分
      • ややこしい計算系とか文字列操作等
      • わかるんだけど書き方覚えてない系の細かい処理が快適になる
    • 多少複雑な処理は、下記のように情報を増やす
      • 関数名、引数、戻り値、処理内容(処理のステップを書く)

さいごに

2023年に Microsoft 365 Copilot(コパイロット)というWord(ワード) やExcel(エクセル)が作れるツールが登場してきており、Copilot(副操縦士)が開発エンジニアから一般の人向け広がりつつあります!こちらに Microsoft 365 Copilot の紹介VTRも貼っておきます。

こちらでは、最近話題の「ChatGPTを使ったシステム開発」や「プログラミングに必須の各種ツール」についても紹介しています!

このあともコツや経験から最新まで続々と情報公開していきますので、また当サイトを見ていただけますと幸いです。

【ChatGPT入門】プロンプト入力の基礎学習で作業効率が上がる
【初心者向けにChatGPT入門】プロンプト入力、プロンプトエンジニアリングの基礎を知ることで、自分で考えながら応用して効率の良い質問を作れるようになります。今よりChatGPTが楽しくなるかも
【完全入門】Git MergeとRebaseの違いと使い分けの話
【初心者エンジニア向け解説ガイド】Git マージ(merge)とリベース(rebase)の違いと使い分けの話!正確に覚えて使い分けをしていきましょう
需要の高い人気プログラミング言語&フレームワーク【将来性】
数多くの種類の言語からプログラミング初心者にもエンジニアのキャリアアップにも最適な将来性の高い人気のプログラミング言語とおすすめフレームワークを紹介!特に需要の把握はスキルアップと年収に直結です。ガチで必要な全ての選択肢の答えがここに
超簡単フリーランスエンジニアになるには?おすすめの案件探し方
経験年数の少なさで諦めていませんか?経験が浅くてもフリーランスエンジニアになれる方法なり方と理由がここにあり。誰でもできる超簡単なおすすめの案件(仕事)の探し方解説!ベストなITエージェントの使い方はこれだ!時代を生き抜く力はフリーランスにあり
PR
PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました