【DX】更に成長したい中堅ITエンジニアにおすすめの書籍8選

PR
【DX】更に成長したい中堅ITエンジニアにおすすめの書籍8選
この記事は約6分で読めます。

インプットから改革!〜 伸び悩むすべての若手から中堅エンジニアへ 〜 必ず手に取ってほしいシステム開発の関連書籍を8冊厳選!本記事は一部PRを含みます。

PR

PR
PR

PR
PR

停滞期に読むべき書籍8選

選定理由について

プログラミング言語を一通り学んだ後に何を学べが良いか?悩みが出てくる時期が訪れます。
次のステップとして、フィットする書籍をまとめました。
プログラミング力向上の他に、システム開発における全体的な知識設計思想開発手法UI&UXの知識をインプットして視座理解力上げておくと良いでしょう!

最近成長を感じられていない方スキルアップしたい方活動の幅を広げたい方にもちょうどよいと思います。

前回の記事「プログラミング完全入門書」では
エンジニアとしてのスタート時期にフィットする読みやすい必須書籍を紹介しています。
基礎強化として、こちらから初めても良いでしょう

技術&設計関連書籍

◆ 現場で役立つシステム設計の原則

現場で役立つシステム設計の原則

価格:3,234円
(2023/5/31 14:00時点)

【この本の要点】

  • 選定理由:システム設計において有名な必ず通る一冊
  • 実際のプロジェクトでの成功失敗から得られた知見を共有しており、システム設計における一般的な課題や落とし穴を明示し、それらに対処するための具体的なアプローチヒントを提供している
  • モジュール性、再利用性、拡張性、保守性などの重要性が強調されている
  • システム設計者や開発者にとって貴重なガイドとなるようテスト可能な設計適切なパフォーマンス設計セキュリティへの配慮など、システムの品質や信頼性を向上させるためのアドバイスも提供されている

◆ リーダブルコード より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

【この本の要点】

  • 選定理由:コードの可読性やメンテナンス性を向上させるための具体的な手法を学ぶができる
  • 著者は、コードの可読性についての経験豊富な開発者であり、実際のプロジェクトでの成功と失敗から得られた知見を共有している
  • コードの可読性を高めるための具体的なアプローチや実践的なテクニックを紹介している
  • コードを読みやすくするための基本的な原則として、明確で具体的な変数名や関数名の使用、適切なインデントや空白の利用、コメントの活用、コードの複雑さを減らすためのテクニックもなどが取り上げられている
  • 実際のコード例や課題を交えながら、読み手の立場に立ったコードの書き方を示しています。

◆ 良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

良いコード/悪いコードで学ぶ設計入門

価格:3,278円
(2023/5/31 14:08時点)

【この本の要点】

  • 選定理由:良い設計と悪い設計の対比を通じて、設計の基本原則と実践的なアプローチを学べる
  • 設計の基本的な原則やパターンを、具体的なコード例や設計の対比を通じて紹介している

全体&手法 書籍

◆ イシューからはじめよ 知的生産の「シンプルな本質」

【この本の要点】

  • 選定理由:成果を上げるための集中力や創造性の向上、タスクの優先順位の付け方など、パフォーマンスを高めるためのアイデアが得られる
  • 知的生産の視点から、仕事やプロジェクトにおける問題解決成果の達成に焦点を当てています。
  • 「イシュー(課題や問題)」を明確にし、それを解決するための手法フレームワークを紹介している
  • シンプルで効果的な手法を紹介し、無駄な時間エネルギーの浪費を防ぐ方法を提案している

◆ アジャイルサムライ 達人開発者への道

アジャイルサムライ 達人開発者への道

価格:2,860円
(2023/5/31 14:01時点)

【この本の要点】

  • 選定理由:アジャイルソフトウェア開発の原則と実践についての指南書
  • アジャイル開発の原則や価値観、基本的なフレームワークであるスクラムについて説明されている
  • テスト駆動開発(TDD)、ペアプログラミング、リファクタリングなど、アジャイル開発における重要なテクニックや手法について解説されている
  • アジャイル開発の道を歩む上での課題障壁成功の秘訣についても取り上げられている
  • チームビルディングリーダーシップ持続可能なペースの維持など、実践者が直面するさまざまな課題に対するアドバイスも提供されている

◆ プロダクトマネジメントのすべて

プロダクトマネジメントのすべて

価格:2,970円
(2023/5/31 14:03時点)

【この本の要点】

  • 選定理由:ライフサイクル管理やリリース戦略、マーケティング、改善推進など、プロダクトマネジメントの各フェーズでのベストプラクティスが得られる
  • プロダクトマネジメントのフレームワークツールテクニックについて詳しく解説されており、プロダクトのビジョン戦略策定、マーケット分析、競合分析、ユーザーリサーチ、プロトタイピププロジェクトマネジメントなど、幅広いトピックがカバーされている
  • プロダクトマネジメントの重要な側面として、ビジネスニーズや顧客の要求をプロダクトに反映させるための効果的なコミュニケーションステークホルダーとの関係構築が挙げられている

UI&UX 書籍

◆ オブジェクト指向UIデザイン──使いやすいソフトウェアの原理

【この本の要点】

  • 選定理由:デザインだけじゃないユーザー体験も大切!アプリ開発者として活動の幅が広がります!わかりやすくて面白い1冊!
  • オブジェクト指向の原則を用いて、ユーザーインターフェースの設計開発における一貫性再利用性拡張性保守性を実現する方法を紹介している
  • 具体的なケーススタディや実践的なアドバイスも提供されており、理論だけでなく実際のプロジェクトにおいてオブジェクト指向UIデザインをどのように適用すべきかを理解することができる

◆ ノンデザイナーでもわかる UX+理論で作るWebデザイン

【この本の要点】

  • 選定理由:ユーザーが使いやすく満足度の高いWebデザインを作るための指針が得られる
  • デザインに自信のない人や初心者でも理解しやすいように、デザインの基本的な理論原則を紹介しており、デザインの目的や役割バランス配色フォント選び方など、具体的なデザイン要素や考え方について解説されている
  • ユーザー中心のデザインの重要性やユーザーインターフェースの設計原則、ユーザーテストやユーザー調査の方法などの紹介されている
PR
PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました